お探し介護のお知らせ

住宅型有料老人ホーム「未来倶楽部 港南中央」施設訪問取材!≪後編≫

  • 2018.2.14
未来倶楽部港南中央

お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。「未来倶楽部 港南中央」の後編です。

最も重要視しているのが、恐らく“機能性”であろう、ということ。エントランスや廊下などの共用スペースには必要最低限のものしかなく、すっきりしていますが、代わりに食堂は思い切って広く、浴室にもかなりのスペースをとっています。恐らく作業効率など綿密な計算のうえでのこの広さだと思います。

吸引や頚管栄養など医療依存度の高い方も安心の24時間看護職員常駐。終末ケアや緩和ケアをお考えの方から、末期ガン、脊髄小脳変性症、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、脳血管疾患、頚髄損傷、進行性筋自ストロフィー、蘇生後脳症などなどの症状の方もご入居可能です。
どんなことでも一度相談されてみてはいかがでしょうか。

>>詳細はこちらをクリックしてご覧ください。(お探し介護に移動します)

関連記事